norihiro415/ 6月 16, 2018/ 未分類

ルワンダ・スタディツアー「START」は2018年9月より開始いたしますが、ホームステイの取り組み自体は代表のタケダが青年海外協力隊として活動していたとき(2016~2018年)からおこなっていました。

STARTでもホストになっていただくのは、当時からお世話になっているムカムラングワ・メルシアン家とフェーザ・メディトリアス家。

このふたつの家庭にこれまでステイしてきたみなさんの感想が、タケダのブログにまとめてありますのでご紹介します。

慶應大生がルワンダ農村でホームステイ!虐殺生存者の心境とは?

大使館職員がルワンダ農村ホームステイ&小学校で授業!3つの発見とは

アフリカ・ホームステイ体験記(勝田翔一朗さん)~人の行き来が最大のプレゼント~

【ルワンダ旅行記】マニアも驚くコーヒーツアー&農村ホームステイ(松田和真さん)

このほかにも全部で20名ほどの方々が、わたしの住むムシャセクターまでやって来てくださいました。

そのときに、たった数日の間に関係を深め、ハグをして、涙を拭いてお別れしたり、みんなで撮った写真をSNSのプロフィールにしていたゲストとホストファミリー。

そんなようすを見て、「ほんとうに素晴らしい出会いをつくることができた」とこちらまで感動をもらい、「もっとたくさんの交流を生みたい!」と思ったことがスタディツアー「START」をつくるきっかけとなりました。

これからSTARTに参加されるみなさまにも、すてきな出会いが生まれるよう、精一杯サポートさせていただきます。

代表 タケダノリヒロ(@NoReHero