1. HOME
  2. イベント
  3. 各種イベント
  4. オンライン・スタディツアー「オンラインSTART」2021年6月度

オンライン・スタディツアー「オンラインSTART」2021年6月度

家にいながら、アフリカを旅している気分を味わえる。

しかも単なる旅行にとどまらず、歴史や風土を学び、その土地に暮らす人々と交流することもできる。

そんな夢のような体験を、「オンラインSTART」は提供します。

【概要】※時間はいずれも日本時間
・実施日程:2021年6月19日(土)、 20日(日)17:00~22:00
・締め切り:2021年6月14日(月) 23:59
・定員:5名限定 
・料金:32,000円/人

お申し込みはこちら(Peatix)から↓
申し込みページへ

オンラインSTARTとは

オンラインSTART」とは、アフリカのルワンダを舞台に、旅と学びと交流を楽しむオンライン・スタディツアーです。

コロナ以前に開催していたスタディツアー「START」の様子

ルワンダ現地法人アフリカノオト(Africa Note Ltd.)代表、タケダノリヒロ(写真左上)が運営しています。青年海外協力隊でのボランティア経験や、スタディツアー情報発信で培った知識を生かして、ここでしか得られない体験を提供します。

社会貢献や国際協力に興味があるけれど、はっきりとしたやりたいことがわからない」という方や、「行ったことのない場所に行ったり、会ったことのない人と話すのが好き(だけどコロナ禍で出かけるのを我慢している)」という方に特におすすめです!

オンラインSTARTのコンテンツ

オンラインSTARTは、「動画コンテンツ」と「2日間のオンラインセッション」とによって構成されています。

オンラインSTARTは動画コンテンツとオンラインセッションの組み合わせ!

動画コンテンツ

動画コンテンツは全6本。「アフリカの奇跡」と称される発展を遂げた現在のルワンダの実情1994年の虐殺の背景「IT立国」を標榜したテクノロジーの活用など、特にルワンダについて知ってほしいトピックを厳選して解説しています。

オンラインSTARTの動画コンテンツ

オンラインセッションは2日間限定ですが、動画コンテンツはいつでも好きなときに視聴可能。オンラインセッション開始前にご覧いただければ、現地の情報から得られる気づきもより深まることまちがいなし!

①【概要】ルワンダを知れば世界がわかる!5つの特徴
②【歴史】ルワンダ虐殺とは?生存者の声と政府の闇
③【貧困】ルワンダの暮らし〜貧困が奪う個人の可能性〜
④【IT】ルワンダは「IT立国」?テクノロジーの浸透度と課題
⑤【ジェンダー】女性議員の割合世界一!ルワンダから考える男女平等
⑥【農村】都市部とは別世界?ルワンダ農村部の暮らし

※①のみYouTubeで全編無料公開中。②〜⑥は前半のみ無料公開、後半はオンラインSTART参加者限定公開

しかし単純にルワンダについて知るだけでは、その知識が生かされる機会はほとんどないでしょう(突然ルワンダ豆知識を披露してくる人がいたら、ちょっとびっくりしますよね)。

教科書的な知識にとどまらず、そこから我々が得られる普遍的な教訓は何かその知識を転用して見えてくるものは何か、といったレベルまで落とし込んでお伝えします。

知らない世界を知ることは、思い込みの殻を破り、視野を広げ、自身の興味・関心にあらためて気づくきっかけにもつながるはずです。

オンラインセッション

参加者のみなさんと時間を合わせて集う「オンラインセッション」は、2日間実施いたします。ツールはZoomを使用。

1日目 6月19日(土)

▼キックオフミーティング

まずは参加者同士の顔合わせから!タケダからツアーについて簡単なご説明と、みなさんから自己紹介をしてもらいます。

なぜオンラインSTARTに参加したのか、どんなことを知りたいのか、このツアーが終わったときにはどうなっていたいのか、そんな思いを共有してもらえたらうれしいです。

ともに「旅」をする仲間とも、ここで親睦を深めましょう!学校や会社では出会えないような人との出会いがあることも、オンラインSTARTの魅力のひとつですよ。5名限定なので、大人数が苦手な方もご安心ください。

▼バーチャルツアー(中心街&住宅街)【約1時間】

ルワンダの首都キガリの中心街や、タケダの住むエリアを歩きながら解説します。「千の丘の国」と呼ばれる美しい風景も堪能していただけますよ!

タケダ家ベランダからの風景。丘の上に見えるエリアが首都キガリの中心街。

高層ビルが増えつつある繁華街の様子や、スーパーマーケット住宅街から中継するので、「いま写ったのはなに?」などみなさんからの質問にもリアルタイムでお答えします。

首都キガリの高層ビル街

ルワンダは1994年に虐殺という忌まわしい出来事の起こった国ですが、それ以降急速に発展を遂げ、「アフリカの奇跡」と呼ばれています。

想像以上にきれいに整った街中と、赤土の道に木々が生い茂る住宅街のギャップにも驚かれるかもしれません。

住宅街の様子

▼ルワンダ人の若者との交流 【約1時間】

ルワンダの若者とお話する時間も設けています。

事前にご覧いただく動画コンテンツから浮かんだ疑問(たとえば「本当にいまのルワンダは平和なの?」「本当に女性は活躍してるの?」「テクノロジーの進歩は感じる?」など)を直接聞けるチャンス!

言語が不安な方も大丈夫。タケダが英語と通訳しながら話すので、日本語だけで気軽にご参加いただけます。

お互いの国の良さや、価値観の共通点・違いなどがわかるような質問を運営側で用意しておくので、「自分から質問したりするのはハードルが高い」という方も安心です。

▼中間ミーティング【約1時間】

ここまでに学んだことをシェア!アウトプットすることで知識の定着を深め、みなさん同士の気づきをうながします。

動画コンテンツを見るだけでは気づかなくても、街中の様子を見たり現地の人と直接話すことで、あらためて出てくる疑問もあると思います。それらもここでぶつけていただければ、タケダが全部お答えします!

2日目 6月20日(日)

▼ルワンダ人家庭訪問(都市部)

首都キガリのルワンダ人宅を訪問!生活の様子を見せていただきます。

首都キガリのルワンダ人宅を訪問!(写真は過去のスタディツアー「START」より)

事前に動画コンテンツでご覧いただく農村部の暮らしと、リアルタイムで見る都市部での暮らしを比較することで、違いや共通点も見つけられるはずです。

農村部の水汲み風景

果たしてみなさんが抱いている「アフリカ」のイメージは正しいものでしょうか?ぜひご自身の目で確かめてみてください。

▼虐殺生存者とのお話会

ルワンダ虐殺の生存者であるルワンダ人・グレースさんに、直接お話をうかがいます。

動画コンテンツにも登場しているグレースさん

グレースさんは動画コンテンツのなかでもどうやって虐殺を生き延びたのか、いかにして日常を取り戻したのかを語ってくださっています。疑問に感じたことを直接聞いたり、動画のなかでは出てこなかった点についてあらためて質問してみましょう。

現在のルワンダでは、日常的に虐殺の話をすることはほとんどなく、タブーと言っても過言ではありません。みなにとって忘れてはならないけれど、できれば思い出したくない記憶。そんな虐殺について、当事者と直接お話できる貴重な機会です。

▼バーチャルショッピング

なお、グレースさんはアフリカ布の雑貨屋さんを営んでいます。

グレースさんの商品を購入して大満足のSTART参加者たち

カラフルでかわいいポーチやエプロンなどを動画でお見せするので、気に入ったものがあれば日本までお送りします!オンラインSTARTは画面越しの体験がメインとなりますが、旅の想い出をお土産として形に残してみてはいかがでしょうか。

*商品代・送料・手数料はツアー代金と別途いただきます。

▼発表会

たくさんの新しい知識や情報をインプットしてもらうので、最後は発表会でそれらを整理してもらいます!

オンラインSTARTで学んだこと、印象的だったことをシェアしてもらい、それらをこれからの仕事や人生にどう生かしていくかを発表してもらいます。このツアーでの出会いから、新たな取組みが生まれるかも?

スケジュール一覧

【1日目:6月19日(土)】

日本時間 行程
▼第1部
 
17:00~18:00 キックオフミーティング(説明・自己紹介)
▼第2部
19:00~20:00 バーチャルツアー(中心街&住宅街)
20:00~21:00 ルワンダ人の若者との交流
21:00~22:00 中間ミーティング(学び・気づきのシェア)

【2日目:6月20日(日)】

日本時間 行程
▼第3部  
17:00~18:00 ルワンダ人家庭訪問(都市部)
18:10~19:30 虐殺生存者の体験談&バーチャルショッピング
▼第4部
21:00~22:00 発表会

Slackでの交流

ツアーの前後では、コミュニケーションツール「Slack」を利用して、主宰のタケダに質問をしたり、参加者同士で交流していただくことも可能です。ツアー前に動画コンテンツを見た感想をみんなで共有することもできますし、ツアー終了後にもつながりを保つこともできます。

オンラインSTARTの中ではリアルな場で集まる機会はありませんが、ツアーを通じて仲良くなって、「直接会ってみたい!」と思ってもらえるような関係性を築いてもらえればと願っています。もちろんコロナが落ち着いたら、いよいよ「リアル・ルワンダ」を体感しにくるのもありですよ!

※プログラムやスケジュールは変更の可能性がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込み情報

・定員:5名限定 ※1
・料金:32,000円/人 ※2
募集開始:2021年6月1日(火)20:00(日本時間)

・募集締切り:2021年6月14日(月)23:59(日本時間) ※3

もし実際にルワンダに渡航するとしたら、飛行機代が往復10万円程度、移動時間が約24時間、ツアー代が約10万円(スタディツアーSTARTの場合)かかります。

もちろん現地に足を運んで、自分の肌で空気を感じられるリアルツアーには体験としてはかないませんが、時間とお金がかからない圧倒的な手軽さと、提供する情報の量と質は負けていません。オンラインだからこその価値をぜひ感じてみてください。

※1 たくさんの方に参加いただきたいのですが、参加者ひとりひとりの学びや気づきを深めるため、各回5名限定とさせていただきます。最小催行人数は3名です。

※2 プログラムに協力してくださったルワンダ人全員に、謝礼として収益の一部をお渡しいたします。このプログラムに参加いただくことで、みなさんご自身が楽しめるだけでなく、ルワンダの方々を支援することにもつながります。

※3 定員になり次第、締め切らせていただきます。

申し込み

お申し込みはこちら(Peatix)から↓
申し込みページへ

下記の各SNSでも最新情報をお知らせいたします。ぜひフォローを!

・LINE公式アカウント(タケダノリヒロ/アフリカノオト
・ツイッター(@Rwandanote
・フェイスブック(@Rwandanote
・インスタグラム(@start_africanote

| 各種イベント